不動産投資のリスクを理解しよう
2017.05.23

電話をする男性不動産投資セミナーに参加すると、必ずといっていいくらいに説明されるのが不動産投資におけるリスクです。それだけ重要なポイントなので、不動産投資セミナーで解説されるのは当たり前なのですが、セミナーに参加される前に最低限のリスクを把握しておけば、理解度も高まるはずです。まず、不動産投資における最大のリスクは、借金のリスクだといえるでしょう。考えられるリスクの中には、空室や滞納など様々なものがありますが、そのほとんどがこの借金に繋がっていくリスクです。安定した不動産投資ができる物件は、価値もそれなりになるので、当然値段も高額になってきます。現金一括で不動産を購入できるくらい財力を持つ人となると、相当限られてきますので、基本的には借金をして購入することになります。
そのため、不動産投資というのは、ほとんどの人にとって最初にリスクを背負わなければならない投資なのです。そのため、不動産投資をする際に重要になってくるのは、どのくらいの借金で購入するのか、という部分です。この部分をコントロールしやすい額にしておくと、空室や滞納などが発生しても、しっかりと受け止められるはずです。逆に、借金の割合が大きすぎる場合は、空室や滞納の際のリスクが最大限に膨らんでしまうので、今後起こりうるトラブルに柔軟な対応をしたいなら、この借金のリスクをできるだけ少なくしていくべきです。
次のリスクは空室リスクで、これも投資家の頭を悩ませるリスクです。空室が発生すると、想定していた家賃収入が毎月得られないことから、借金の返済が滞ってしまう可能性もあります。あまりに空室が多くなってしまうと、危険な状態だといえますので、これも大きなリスクのうちのひとつでしょう。しかし、空室リスクについては、立地を調整することでかなりの確率で回避することができます。需要の大きな立地の物件を厳選することで、ほとんど空室リスクを背負わずに不動産投資をすることができるのです。やはり目安としては首都圏が条件になってきて、ビッグターミナルに徒歩数分圏内でアクセスできる立地だと、空室のリスクはいっきに少なくなるでしょう。このようにリスクの中には工夫することで、それほど気にならない程度に抑えられるリスクもありますので、最初によく確認しておきたいものです。不動産投資の必勝法は、リスクを抑えつつ、メリットだけを得られる状況をいかに作り上げられるかです。

▲ ページトップへ