効果的な空室対策
2017.05.23

腕を組む女性不動産のセミナーに東京で参加するなら、具体的な空室対策について解説してくれるセミナーに参加するのもよいかもしれません。空室対策はマンション、アパートなどの不動産投資におけるポイントでもありますので、よく理解しておきたいものです。最大の空室対策は何なのか。これについて考えてみると、やはり立地だといえるでしょう。立地の良し悪しは物件の需要に大きく関係してきて、特に首都圏の良い立地といわれる地域に物件を持つことができれば、それが最大の空室対策となってくれるかもしれません。不動産投資における地の利は非常に大きな要素なので、立地を厳選して、最初から効果的な空室対策を行っていきたいものです。これとは全く逆なのが、需要のない立地に物件を持ってしまったパターンですが、この場合は集客にかなり苦労することになるかもしれません。
次に空室対策で重要なのは、入居者との相性を考えることです。仮に、学生の街にマンションを持っていて、そのマンションが家賃が数十万という高級物件の場合は、入居してくれる可能性のある人はかなり少なくなってしまうでしょう。学生時代からそのような高級な家賃を支払える層は、ほとんどいないので、そもそも需要が発生しない可能性があるのです。つまり、どんなに立地が良くても、周辺で賃貸を探している人達の相性と合わなければ、なかなか空室を減らすことができません。そのため、物件のある地域の詳細情報をリサーチするのは大変重要な作業で、それをしておかなければ見込みのない客層に情報を投げかけている状況を作ってしまうかもしれません。
最近の不動産投資は、物件持ち主自らが管理の全てを行うということが少なくなってきております。ほとんどが間に管理会社を入れて、管理を一任するパターンです。そして、このような不動産投資が当たり前になりつつある状況では、賃貸管理会社のスキルというのは、そのまま空室対策に繋がってきます。管理会社に所有物件の管理を任せる場合には、空室対策も一緒に行ってもらいます。そのため、能力の高い会社に管理をお願いすることができれば、洗練された空室対策で、ほとんど空きのない状況を作ってくれる可能性もあります。この管理会社の選定は、年々重要になりつつありますので、これから不動産投資をするのならば、最初にしっかりと生涯頼れるようなパートナーを選んでおいた方がよいのかもしれません。そうすれば、空室のリスクも減らせるはずです。

▲ ページトップへ